2021年介護報酬改定情報

2021年4月からの通所介護の個別機能訓練加算(Ⅰ)イ・ロ、加算(Ⅱ)の変更点・単位数


【必見!】通所介護の機能訓練指導員への転職前に知るべきこと
スポンサーリンク

通所介護の機能訓練指導員として転職する場合に必要な知識は事前に知っておくこと役立つことについてまとめていきます。機能訓練指導員の需要は高く、給与面でも少し平均より高い傾向があるのでこれから介護分野で機能訓練指導員として働いてみようかなと考えている方も多いのではないかと思います。
通所介護の機能訓練指導員は、病院で働いているリハビリテーション科での仕事や、診療所は接骨院で働いている人の仕事とは求める内容がだいぶ違っています。これから機能訓練指導員の求人を探す人や、機能訓練指導員として面接を受けてみようと思っている方はぜひこの記事を読んで職場から求められる人材として好条件で転職できるようにしてみてください。

この記事を読むことによって、「介護分野は初めてなんです」と自信がない状態と比べて必ず良い条件で受け入れてもらえるはずです。

機能訓練指導員としての転職を成功させたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

介護分野のPT・OT・ST求人なら!≪MC─介護のお仕事≫

通所介護の機能訓練指導員の仕事とは

通所介護で機能訓練指導員として雇用される場合には、「個別機能訓練加算」という加算を算定する前提での仕事となります。通所介護とは利用者が送迎で施設に来て、日帰りで介護サービスを受けて帰るというサービス形態です。その中で個別機能訓練加算は、自宅で生活している状況を確認して、自宅での生活状況に応じた機能訓練の目標を立てて、目標を達成するための機能訓練項目を設定した個別機能訓練計画書を作り、利用者に説明同意を得て計画に載せた訓練内容を利用者が通所してくる日に提供していくというお仕事です。

このような仕事のため、事前に個別機能訓練加算ではどんな業務を行わなくちゃいけないかということを確認しておくと機能訓練指導員として面接を行うときにも先方が求めている興味や役割に合わせて受け答えができます。通所介護の機能訓練指導員として面接を受ける場合には個別機能訓練加算に関する知識は必ず押さえておいた方が良いでしょう。医療機関で作成するリハビリテーション計画書や、接骨院などで簡単に作成する書類関係とは大分違いますので甘く見ずにしっかりと事前に確認してください。

通所介護の業務全体についても理解した方が良い

機能訓練指導員として雇用されたとしても、立場は通所介護の職員の一員です。機能訓練だけを提供すればよいというわけではなく、時にはケアマネージャーと連携をしたい、生活相談員や管理者が作成している書類の補助をしたり、介護職員が行う介護業務の補助に入ったり、利用者の送迎業務を担当したりと色々な仕事があります。
正直、機能訓練指導員で機能訓練を提供することだけ行えるだけだったら価値はとても低くあまり欲しい人材ではありません。
個別機能訓練加算に関する業務を全般的にできることはもちろんのこと、時には柔軟に送迎を行ったり、管理者や生活相談員が大変そうな時には手伝ったりと通所介護全体の業務を理解して柔軟に対応できる人がとても重宝されます。何でも屋になるわけではなくもちろん専門職なので専門性は保ちつつも、組織の一員として臨機応変に対応できることと、他の職種の価値観や仕事の捉え方を理解してその目線で対応できることが介護の分野では重要です。

科学的介護情報システム「LIFE」の内容を理解していること

2021年の介護報酬改定で本格的に科学的介護が推進されるようになりました。その肝となっているのが科学的介護情報システム「」で、通所介護事業者の多くがこのシステムについて理解できていません。またこのシステムに適切に情報を提出していくと売上をアップさせるための加算を算定することができるのですが、その情報の提出方法や提出項目、評価の方法などについても全く無知な事業所がまだまだ多いです。通所介護で機能訓練指導員として雇用される場合にも、科学的介護推進システムについて理解していると機能訓練指導員としての価値だけでなくその他の売り上げにも貢献できる人ということで一目置かれた存在になります。通所介護事業者の中にはパソコンが苦手な方が多くパソコン作業ができるというだけでもとても重宝されます。面接の時にパソコンができることと合わせて介護情報システムについても概要や情報提出が分かっているということを伝えると、給料のアップや待遇アップ、手当が付くなどの高待遇が得られる可能性が格段にアップします。科学的介護情報システムに情報を提出して行くことで得られるのは、ただ業務をこなすというだけでなく加算という売上に直結するので給与面の交渉もしやすくなります。

個別機能訓練加算を取るだけの機能訓練指導員なら給料は頭打ち

機能訓練指導員は個別機能訓練加算に必要な業務をこなすことが最低ラインだということを紹介しましたが、個別機能訓練加算というのは利用者一人に1回提供して500円程度の売り上げにしかなりません。提供するだけで500円と考えるとそんなに悪くはないと思うかもしれませんが、重要なのは書類の整備や利用者の自宅での生活状況の把握などです。これらを行わない機能訓練指導員というのははっきり言って価値がありません。定員20名の通所介護だとしたら、1日20名に機能訓練を提供しても売り上げは1万円程しかあがりません。そこから機能訓練指導員にもらえる給料は計算すれば簡単に分かりますよね。もし介護業界に転職をして通所介護で機能訓練指導員としてある程度の給与を得たいと考えるならば、この記事で紹介したように機能訓練加算に関する業務を全部こなすことと、通所介護の一員としてその他の仕事も手伝える知識・余裕を作ること、そして出来る限り科学的介護情報システムに情報を提出することで得られる加算を算定できるように勉強をして、実際に通所介護の売上に貢献するということが機能訓練指導員としての価値を高める上でとても重要なことです。

通所介護のPT・OT・ST求人なら!≪MC─介護のお仕事≫

通所介護の機能訓練指導員として勤務する上で重要なこと、給料を高めるためにやるべき事について紹介しました。これらを踏まえて好条件で転職をできるように準備をしてみてください。好条件の機能訓練指導員の求人は、MC─介護のお仕事で探すことをお勧めします。MC─介護のお仕事は医療業界から介護業界まで幅広い求人があり、自分で求人情報を探していくタイプの転職サイトなので、しつこい電話などがなくじっくりと自分に合った条件の職場を探すことができます。また医療機関から介護まで、職種についても医師から介護職員まで色々な求人を扱っているため、他の求人サイトに比べて高条件なものを多く見つけられます。機能訓練指導員として転職を考えている場合にはぜひMC─介護のお仕事に登録してみてください。

通所介護の仕事を見つけるための登録はこちら≪MC─介護のお仕事≫

2021年(令和3年)介護報酬改定 新加算の算定要件・単位数
2021年4月からの通所介護の個別機能訓練加算の変更点
個別機能訓練加算<個別機能訓練計画書の作成方法>2021年報酬改定対応版
2021年版 個別機能訓練計画書の目標例(心身機能・活動・参加)
個別機能訓練加算<実施方法・訓練時間・評価内容>2021年報酬改定対応版

「入浴介助加算(Ⅱ)」の算定要件・Q&A
ADL維持等加算(Ⅰ)ADL維持等加算(Ⅱ)の算定方法/単位数
スポンサーリンク

機能訓練指導に関わる方、フォローして情報交換しましょ!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事