スポンサーリンク

特定施設(介護付き有料老人ホーム)入居者生活介護費の個別機能訓練加算の概要

単位数は1日につき 12単位

特定施設入居者生活介護(介護付き有料老人ホーム)の個別機能訓練加算の人員要件は、専ら機能訓練指導員の職務に従事する常勤の理学療法士等を1名以上配置しているもの(利用者の数が100を超える指定特定施設にあっては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する常勤の理学療法士等を1名以上配置し、かつ、理学療法士等である従業者を機能訓練指導員として常勤換算方法で利用者の数を100で除した数以上配置しているもの)として都道府県知事に届け出た指定特定施設において、利用者に対して、機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員等が共同して、利用者ごとに個別機能訓練計画を作成し、当該計画に基づき、計画的に機能訓練を行っている場合に、機能訓練計画期間を通して1日につき12単位を加算できます。

スポンサーリンク

特定施設の個別機能訓練加算は配置としての加算?実施が必要?

個別機能訓練加算については、単に体制があるだけでなく、体制を整えた上で個別に計画を作成するなどプロセスを評価するものであることから、入所者の同意が得られない場合には算定できないが、原則として、全ての入所者について計画作成してその同意を得るよう努めることが望ましい。

スポンサーリンク

個別機能訓練加算に係る算定方法、内容

特定施設の個別機能訓練加算は、従来機能訓練指導員を配置することを評価していた体制加算を、機能訓練指導員の配置と共に、個別に計画を立て、機能訓練を行うことを評価することとしたものであり、(介護予防)特定施設入居者生活介護サービス及び介護老人福祉施設サービスにおいては入所期間のうち機能訓練実施期間中において当該加算を算定することが可能である。
なお、具体的なサービスの流れとしては、「多職種が協同して、利用者毎にアセスメントを行い、目標設定、計画の作成をした上で、機能訓練指導員が必要に応じた個別機能訓練の提供を行い、その結果を評価すること」が想定される。また、行われる機能訓練の内容は、各利用者の心身状況等に応じて、日常生活を営むのに必要な機能を改善し、又はその減退を予防するのに必要な訓練を計画されたい。

特定施設(介護付き有料老人ホーム)の機能訓練加算のまとめ

  1. 個別機能訓練加算は、 理学療法士等が個別機能訓練計画に基づき、計画的に行った機能訓練(以下「個別機能訓練」 というについて算定する。
  2. 個別機能訓練加算に係る機能訓練は、 専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置して行うものであること。
  3. 個別機能訓練を行うに当たっては、 機能訓練指導員、 看護職員、 介護職員、 生活相談員その他の職種の者が共同して、 利用者ごとにその目標、 実施方法等を内容とする個別機能訓練計画を作成し、 これに基づいて行った個別機能訓練の効果、 実施方法等について評価等を行う。 なお、 特定施設入居者生活介護においては、 個別機能訓練計画に相当する内容を特定施設サービス計画の中に記載する場合は、 その記載をもって個別機能訓練計画の作成に代えることができるものとすること。
  4. 個別機能訓練を行う場合は、開始時及びその3月ごとに1回以上利用者に対して個別機能訓練計画の内容を説明し、 記録する。
  5. 個別機能訓練に関する記録(実施時間、訓練内容、担当者等)は、 利用者ごとに保管され、 常に当該特定施設の個別機能訓練の従事者により閲覧が可能であるようにすること。

特定施設(介護付き有料老人ホーム)とその他の老人ホームの違い

老人ホームには大きく分けると3種類あり、①介護付き有料老人ホーム(特定施設)、②住宅型有料老人ホーム、③特別養護老人ホーム(特養)です。これらの老人ホームには違いやメリット、デメリットがあります。この3種類の老人ホームに加えて、サービス付き高齢者向け住宅というものもあり、高齢者の住まいについては、ここで取り上げるどれもが行政監督のもとにあります。
それぞれの老人ホーム、高齢者向け住宅は、一般の人からみたら一見どれもひとまとめに老人ホームですが、実際に入居・入所するとサービスを受ける仕組みや料金体形が違うため注意が必要です。

住宅型有料老人ホーム・特養・特定施設(介護付き有料老人ホーム)の費用やサービスの違い

こちらの記事では、それぞれの老人ホームでの入居後の生活、費用、サービスの違いなどを比較しながら、老人ホームを選ぶときのポイントを紹介しています。

 

 

わからないこと、心配なことはリハプランで解決!

リハプランというクラウドサービスを知っていますか?

リハプランは、デイサービスのために開発が進められている機能訓練支援ツールで、個別機能訓練加算(Ⅰ)や(Ⅱ)、運動器機能向上加算などのわかりにくい算定要件を非常にわかりやすくシステム化しているクラウドサービスです。初めて個別機能訓練加算を算定する施設や、看護職員の方が機能訓練指導員を兼務で算定するケースまで、いろいろな体制で導入が進んでいるそうです。

リハプランは、計画書が数分で作れるという機能がありすごいのですが、簡単過ぎても実地指導で指摘されたら元も子もないですよね。しかし、リハプランを活用すると、実地指導で指摘されることが多い加算(Ⅰ)と加算(Ⅱ)の目標やプログラムの違いや、計画書作成のミスなどを自動で防ぎ、たくさんの事業所や自治体から情報収集して導き出しているという強力なサポート体制が本当にすごいのです。

いろいろな事業所で使っている介護請求ソフトなどは、ソフトの使い方や質問したことに答えてくれたりはしますが、電話が繋がりにくかったり、「そのようなことはできません」とキッパリ言われてしまったりで、本当に自分がやりたいことや目的が叶えられないでうずうずしてしうこともあります。

リハプランのサポートで驚いたのは、「調子はどうでしょうか?心配なことや困っていることはないですか?」とサポート側から電話をくれたのです。正直、初めての個別機能訓練加算の業務などだと、困ってるのか困ってないのかもわからないくらい右往左往するケースも多いのですが、問題や手順を整理してくれて、何から着手して、どれくらいの期間で進めていくかなどもデイサービス側の都合も聞いてくれながら整理してくれるのです。請求ソフトなどと比べると料金は最初は少し高くかもしれませんが、残業はなくなりますし、実地指導の心配も減り、ご利用者にもリハプランで出せるいろいろな資料でお伝えでき、なんだかパワーアップした気持ちになります。実際、ご利用者様も元気になったり、お家で生活しているという姿を想像して支援ができるようになったり、いろいろな視点が増えました。

こちらからリハプランを見て見てください。お願いすれば実際の画面を見せて説明もしてもらえるので、どんな感じか確かめて見てください!自動で計画書ができていくところとか、ちょっと興奮しますよ!

機能訓練指導に関わる方、フォローして情報交換しましょ!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

機能訓練指導員の好条件の求人の探し方

介護での機能訓練の需要はとても高く、機能訓練指導員の募集・求人は各地域でみられます。 機能訓練指導員として転職を行う時に、求人が多く、条件交渉が比較的できる求人転職サイトを紹介します。

メドフィット

「メドフィット」は、医療・介護専門の求人情報を無料でご提供するサイトです。他社の情報まで完全に抑えているという印象を持つくらい求人数が多いです。 インディードなど、いろいろな機能訓練指導員の求人を見つくしてから登録しましたが、登録すると情報メールが何度かきて、まだ見たことない求人情報もたくさんありました。 以下のバナーは介護職のバナーですが、サイトに行くと機能訓練指導員の求人もしっかりあります。

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は、国内最大級の介護職専門の人材紹介サービスです。機能訓練指導員は基本的に介護分野なので、介護専門サイトの方が情報的に特化している傾向があります。 職場の雰囲気や実情など、求人サイトには掲載されない情報も多数あり、面接の前に専任のコンサルタントさんを通して聴いてもらうこともできます。

クリックジョブ介護

マイナビコメディカル 医療介護のお仕事

マイナビは、学生のための就職情報サイトや、マイナビバイトなど、人材のマッチングをする企業の中でも最も知名度と情報量を持った企業です。その中で、マイナビコメディカルは医療介護に特化して人材の紹介を行っています。